MENU

オープンイノベーション(EOI)

安心安全で快適な道路空間の提供

当社は、高速道路の保全管理を担っております。
私たちの現場では、様々な課題に直面しており、課題を解決するためには、
企業の枠を超えた取組みが必要だと感じております。
皆様のアイデア・製品・工法等、ご提案をお待ちしています!

件名 共通-01 交通規制注意喚起システム≪危険さっち≫ 受信端末の小型化
概要

当社が開発・販売している”交通規制注意喚起システム 製品名:危険さっち”は、高速道路上での交通規制時に、一般車両が誤って規制材に接触した場合に、警報を発し規制内で作業する者に警報と振動で注意喚起を行うシステムである。本システムで採用している作業員が携帯する受信端末の小型化を行いたい。

危険さっちのパンフレットは、こちら ⇒https://www.w-e-kansai.co.jp/image/pdf/kikensatchi.pdf

募集する技術の仕様 ①現状の受信端末の機能要件(防塵防水性(IP55相当・MIL STD 810)、耐衝撃性、通信方式など)は維持する。
②寸法:横50.5mm×縦105mm×厚15mm以下とする。
 (従来品の厚み28mmより厚みを13mm削減)とする。
写真・図面等

既存の受信端末(横50.5mm×縦105mm)

既存の受信端末の厚み(28mm)

件名 共通-02 交通規制注意喚起システム≪危険さっち≫ 矢板発信器と矢印板の一体化
概要

当社が開発・販売している”交通規制注意喚起システム 製品名:危険さっち”は、高速道路上での交通規制時に、一般車両が誤って規制材に接触した場合に、警報を発し規制内で作業する者に警報と振動で注意喚起を行うシステムである。本システムの設置作業の簡素化を目的に、矢板発信器と矢印板の一体化を行いたい。

危険さっちのパンフレットは、こちら ⇒https://www.w-e-kansai.co.jp/image/pdf/kikensatchi.pdf

募集する技術の仕様 ①発信器の性能・機能は従来品に準ずるものとする。
②矢印板と一体化する発信器とする。
③一体化した矢印板は、折りたたみ可能とする。
④矢印板と発信器は、矢印板を積み重ねても破損しない耐衝撃性を保持する。
⑤発信器は、矢印板上部に取り付け装置厚さは、10mm以下とする。
写真・図面等

矢板発信器 (現状は矢印板に手作業で固定)

積重ねのイメージ

取付状況

件名 共通-03 安全チョッキと一体化した空調服の導入
概要

夏場の現場では、空調服の上に安全チョッキを装着するため空気が空調服内を対流せず熱中症のリスクが高くなる。
安全チョッキと一体型した空調服を導入したい。

募集する技術の仕様 ①安全チョッキと空調服が一体化したものとする。
写真・図面等

安全チョッキの着用により、 空調服内の空気が対流しない

件名 共通-04 フルハーネス安全帯用空調服の導入
概要

空調服の上にフルハーネス安全帯を装着すると空気が空調服内を対流せず熱中症のリスクが高くなる。
フルハーネス安全帯を装着しても空調機能を発揮する空調服を導入したい。

募集する技術の仕様 ①フルハーネス安全帯を装着した状態でも空調機能を発揮するものとする。
写真・図面等

フルハーネスの着用により、 空調服内の空気が対

件名 共通-05 簡易に脱着可能な工事用横断幕の導入
概要

工事用車両に設置する横断幕は、後部ガラスに設置すると後方視認性が悪く、交通事故のリスク要因となる可能性がある。
後方視認性が確保でき、簡易に脱着できる工事用横断幕を導入したい。

募集する技術の仕様 ①後方視認性が確保できるものとする。
②簡易に脱着できるものとする。
③雨天走行時でも外れないものとする。
写真・図面等

取付けが容易であり、後方視認性が確保できる工事用横断幕を導入

件名 共通-06 コンパクトレーザーケレン装置の導入
概要

鋼製構造物の点検では、腐食(サビ)発生個所のケレン(サビ除去)作業を実施している。
本作業には、時間と労力を要すため、コンパクトレーザーケレン装置を導入しケレン作業の効率化を行いたい。

募集する技術の仕様 ①人力で持ち運び可能な装置とする(5kg以下)。
②資格等の必要がなく、誰でも使用できる装置とする。
写真・図面等

例)ケレン対象部材①

例)ケレン対象部材①

件名 共通-07 高力ボルトの「ゆるみ」が画像等による判別が可能な技術の導入
概要

橋梁等に使用されている高力ボルトの「ゆるみ」について、直接触診せずに画像等で判別が可能な技術を導入したい。

募集する技術の仕様 ①非接触で確認できるものとする。
②現地で判別可能なものとする。
写真・図面等

高力ボルト

高力ボルト(Iマーク)※Iマークは、イメージ

件名 共通-08 助手席側が狭小スペースでも乗降可能な車両の導入
概要

高速道路上で降車する際は路肩に停車するが、カードレールと車両との間隔が狭く、助手席から乗降することができない場合がある。
スペースが狭い場合でも、乗降可能なスライド式の維持指定車両を導入したい。

募集する技術の仕様 ①スペースが狭くても、車両の乗降が可能であること。
②道路交通法に違反しないこと。
写真・図面等

駐車状況

降車状況①

降車状況②

件名 共通-09 パワーアシストスーツの導入
概要

容易に重量物を持ち運ぶことができ、点検作業に支障がでないパワースーツを導入したい。

募集する技術の仕様 ①10kg程度の重量物を持ち運びできるものとする。
②点検作業の支障とならないものとする。
③安価なものとする。
写真・図面等

点検作業の支障とならないもの

件名 共通-10 一括開閉可能な立入防止柵出入口施錠システムの導入
概要

高速道路に設置されている立入防止柵の出入口は、長年風雨にさらされ開閉できない状態のものが多く、緊急事態に迅速な対応ができない可能性がある。
長年にわたりスムーズに開閉でき、システム等で一括開閉できる立入防止柵出入口の施錠システムを導入したい。

募集する技術の仕様 ①耐用年数20年以上とする。
②位置情報を有するものとする。
③出入口に不具合が発生した場合のアラート機能を有する。
④システムで一括開閉ができるものとする。
写真・図面等

現状の施錠

システムイメージ

件名 共通-11 5Gを活用した高速道路の維持管理手法の導入
概要

高速道路の維持管理に、5Gを導入し高度化・効率化を図りたい。
(当社の業務概要)https://www.w-e-kansai.co.jp/business/index.html

募集する技術の仕様 ①維持管理の高度化・効率化が図れるものとする。
写真・図面等

5Gと4Gとの違い

留意事項

お手数ですが、下記の事項をご確認、ならびにご承諾いただいた上で、「ご提案フォーム」より内容をご記入ください。なお、貴社よりNEXCOエンジニアリング関西にご提案いただく内容は、以下に基づいていることをお約束ください。

  1. ご提案内容は、第三者の権利を侵害するものでないこと
  2. ご提案内容は、第三者と秘密保持義務を取り交わしている事項を含まないこと
  3. ご提案いただいたことにより、貴社とNEXCOエンジニアリング関西㈱との契約関係を生じさせるものではないこと
  4. ご提案内容に基づき、貴社がNEXCOエンジニアリング関西㈱に権利を主張することはないこと
  5. ご提案内容は、秘密情報を含まないこと
    (NEXCOエンジニアリング関西㈱は、ご提案内容に関する秘密保持義務を負うことができません)
  6. ご提案内容の詳細を教えていただきたい場合に、あらためて連絡をいたします。
  7. ご提案内容についての返信は、迅速に行ないますが、内容により、回答にお時間をいただく場合や、回答できない場合もございます。予めご了承ください。

関西の大動脈を、次代へ引き継ぐ。

1963年に名神高速道路が日本初の高速道路として開通し、既に50年。
道路も人間の体と同じように劣化が始まり、定期的な健康診断が必要です。
高速道路をお客様が安心・安全に走行でき、
また、周辺住民の方が快適に暮らせるように見守り続けているのが私たち。
常に一歩先を見つめていくという確かな意志と高い技術力を持ち、
日夜高速道路を守り続けています。

しっかりとした意志を持ち、何事も積極的に取り組む人、
専門分野を究めたい人を大事に育てていきたいと思っています。